美容部 119番

顔の若返り

皮膚の若返りを阻害し顔を老化させてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。

しみやたるみ、しわが深く刻まれるようになる理由は、大別すると2つが考えられます。

年を取るとコラーゲンが減ることが、まず大きな理由です。コラーゲンは皮膚の保湿に関係する成分です。

保水力を失った皮膚はカサカサになり、肌荒れやかさつきの原因になります。

角質層が傷むと一層保湿力が低下し、皮膚からどんどんと水分が逃げていってしまいます。

角質層にトラブルが起きると、外界の刺激が入り込みやすくなります。表皮にあるターンオーバー移行中の細胞がダメージを受けてしまい、健全なターンオーバーが阻害されてしまうのです。

若返りがうまくいかないのは、古い皮膚がいつまでも皮膚表面に残り、新しい皮膚がいつまでも作られない場合です。

若返りがしづらくなる理由に筋肉の緊張があります。一つの筋肉を四六時中使っていると、その筋肉だけ強化され、たるみやしわがつきやすくなります。表情を豊かにすることで表情筋を鍛えることができます。

顔の若帰りをめざすのであれば、笑顔の絶えない充実した日々を送っていくことが重要です。

表情筋で大きく動かすことができる目元の皮膚はデリケートで、乾燥に弱く肌荒れもしやすいようです。

顔の表情筋を鍛える体操などによって、顔の若返りをすることが出来ます。

紫外線カット

紫外線は、冬でも夏でも、常に地球に注がれています。しかし、曇が厚い日は、多くの紫外線は雲で遮られているので、紫外線をそんなに意識する必要はないようです。

夏の紫外線は様々な方法でカットすることで、肌を紫外線によるダメージから守れます。

日焼け止めクリームだけでなく、紫外線をカットすることができる化粧品などもあります。戸外に出る場合は、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

日焼け止めクリームは、つけた直後から徐々に効果が小さくなるので、長時間の外出の時は、時間がたてば、もう一度塗れえるように日焼け止めクリームを携帯しておきましょう。

また、野外の陽射しの下で活動する場合は紫外線をカットするサンバイザーや日傘を使うことで、紫外線カット効果を向上させることができます。

肌以外にも注意が必要です。紫外線を受けると目はダメージを受け、充血する場合もあります。

紫外線の影響から目を守るため、眼鏡を必要としていない人でもサングラスを利用するのもいい方法です。

眼鏡をかけている人は、眼鏡のレンズで紫外線をカットするタイプも販売されていますので、そういったものをチョイスしましょう。

サーマクール

サーマクールは、お肌のしわやたるみを解消する方法の一つで、加齢によるお肌の影響を抑止する効果がある先端技術といえます。

サーマクールは肌に傷を一切つけずに、しわやたるみのないなめらかな肌になることが可能です。


最近は、、サーマクールを受けられる日本の施設も多くなっています。これまで、たるみやしわを解消するのに最も適した方法は、フォトフェイシャルやレーザーでした。

サーマクールに用いる専用器機は、一定の技術力を持つ人だけが使うように、製造会社からの認可制が主となっています。

サーマクールは肌の奥の真皮に高周波を照射することにより、皮膚の内部から皮膚を引き締めます。

真皮層でコラーゲンを作る機能を促進し、しみやたるみを目立たなくする効果もあります。

今までのたるみ改善の主流とされていた治療方法に比べるとサーマクールによる施術は、痛みが極端に減少されていることが大きな特徴として挙げられています。

たるみ改善のための最新技術であるあるサーマクールはすでに日本国内での反響もかなり大きい最先端の美容方法となっています。